MECHANISM OF MENSTRUAL PAIN IMPROVEMENTMECHANISM OF MENSTRUAL PAIN IMPROVEMENT

生理痛改善のメカニズム

生理痛は、子宮そのものに原因はない『機能性月経困難症』と子宮に原因がある『器質性月経困難症』の2つにわかれます。

生理痛の治療は、病院の場合、鎮痛剤、ピル、漢方を用いるのが一般的です。
鎮痛剤は、「プロスタグランジン」という生理痛の原因になっている物質を抑制して、痛みをなくすことが目的です。

ピルは、女性ホルモンに働きかけて排卵をストップさせることで「プロスタグランジン」の分泌を抑え、生理痛を緩和させることが目的です。
また、子宮内膜症の治療も兼ねています。

漢方は、冷えや血行不良など生理痛になりやすい体質を変えていき生理痛を改善することが目的です。


病院の治療にも効果はあり、生理痛で苦しむ女性の多くが助けられているかとは思いますが、それは『生理痛を根本的に改善する治療』ではありません。

そのため鎮痛剤をやめたり、出産を望みピルを中断したときに生理痛の痛みが再発します。また、薬には必ず副作用が伴うことも問題になっています。

漢方は、自分の体質にあったものを処方してもらえた場合は効果を発揮しますが、患者さんの症状を少し聞いただけでは、効果ある漢方は処方されないケースが多いのが現実です。


病院では生理痛を根本に治療することは出来ません。
だからこそ、当院ははりきゅうを使って生理痛を根本から改善することにこだわりを持っています。

鎮痛剤の代わりに、はりきゅうで「プロスタグランジン」を抑制することは可能ですし、ピルの代わりに、はりきゅうで子宮や卵巣に働きかけ、生理痛や子宮内膜症の改善をし、漢方の代わりに、はりきゅうで冷えや血行不良など患者さんの体質改善をすることもできます。

それだけではなくより生理痛を改善するために必要な「自然治癒力の向上」「各内臓の活性化す」「全身のコリの改善」「自律神経の調節」など、東洋医学でしかアプローチが出来ない治療も合わせて行うことで高い治療効果を狙っていきます。

それが、生理痛専門のはりきゅう治療院にしかできないことです。

MECHANISM OF CURE OF RECURRENCEMECHANISM OF CURE OF RECURRENCE

はりきゅう治療のメカニズム
  • ・ハリの刺激により抹消から中枢に伝わった刺激は、ホルモン系を介して生理痛に関係する内臓の機能を調整します。これによりスムーズな生理を促します。
  • ・ハリの刺激は中枢神経を介して交感神経の緊張を緩和し、子宮の筋肉内の血流を改善させます。血流の増加は筋肉内の疲労物質(乳酸)や発痛物質を洗い流し、子宮の筋緊張を緩めたり、痛みを軽減させたりします。
  • ・ハリ刺激は中枢神経を介して脳に伝えられます。その際、疼痛抑制系の神経物質(内因性モルヒネ様物質=生体内に存在するモルヒネに似た物質)が体内より放出されます。それが脊髄後核と呼ばれる脳へ痛みを伝える伝導路に働きかけることで痛みを抑制しています。(この反応は動物への実験により作用が認められています。)
  • ・生理痛などの痛みがあるときに、ハリ刺激が同時に入ることによって、痛みを伝える細胞のゲートが閉じてしまい、痛みの感覚が弱まるます。(ゲートコントロール理論)
  • ・お灸の温熱効果により血流を改善し、血液内に白血球などの免疫物質を作ったり、増血作用を促して、生理痛を改善します。